非常食,防災グッズ,サバイバルフーズ,帰宅困難者対策

2010年10月 3日 (日)

はじめに

はじめに

「転職成功おめでとうございます」
転職先が決まると、多くの人はこのように言ってくれるはずです。
さまざまな転職に関する書籍も転職雑誌も、「転職成功の秘訣」をたびたび特集しますが、その内容はいかにいい転職先を獲得できるか、ということに焦点があたっています。
でも、それで転職が本当に成功したのでしょうか?
それは違う!
と私は思います。転職者にとって転職先が決まることは、成功のための最初のステップを踏み出したにすぎません。
新しい会社に入ると、今まで聞いたことのないような社内用語、業界用語に苦しめられます。社内に知り合いがほとんどいないことから、本当に必要な情報が手に入らないことにも悩まされます。その会社ならではの意思決定基準がわからないので、物事を自分で判断することもできません。上司との相性も、一緒に働いてみないことにはわかりません。
そして、思うように仕事が進められないことに対する欲求不満や、極度の緊張感の中で、心身ともに弱りきってしまう……、そんな経験をすることもあります。
こういった過酷な状況を乗り越え、一人前に仕事ができるようになって初めて転職に成功したと言えるのです。真に成功するまでには、たいへんなエネルギーと忍耐が必要となります。
しかしながら、これまで転職後、転職者がどのように仕事を進めていけばいいかについてのまとまった情報はほとんどありませんでした。その結果、たくさんの人が間違った努力をし、場違いな言動をし、そして会社になじめずに去っていくといった悲しい経験をすることになってしまっているのです。
これはどうにかしなくてはならないと思います。
私はこれまでインディペンデント・コントラクター* として、多くの業種・業界で会社に入り込み、社員のような形で仕事をしてきました。また、㈱リクルート時代は、組織文化の問題や仕事選びについて、いろいろな角度から実践的な研究を進めました。そこで今回、まだ役不足かもしれないとは思いながらも、それらの成果と、個人的な経験を中心にして、「転職後どうすればいいか」についての初めてのガイドブックを書くことにしました。
私が提示させていただいたこのガイドブックは、まだまだ決して完成したものではありません。できれば今後、読者の皆さんと情報交換をさせていただきながら、さらに良いものをつくりあげていきたいと考えております。
さてこの企画を進めるにあたり、ジャーナリストの鈴木裕子さん、日本能率協会マネジメントセンターの坂田博史さんにはたいへんお世話になりました。改めて御礼を申し上げます。
本書の試みが、真の「転職成功者」を1 人でも多く生み出すことになることを心から願っております。
2 0 0 4 年9 月秋山進

*インディペンデント・コントラクター:
雇わない、雇われない働き方。
複数の企業と契約して、特定の業務遂行を請け負う。

10月 3, 2010 at 09:13 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)