非常食,防災グッズ,サバイバルフーズ,帰宅困難者対策

« 「好きなこと」を仕事にするために<3> | トップページ | おわりに »

2010年12月15日 (水)

「好きなこと」を仕事にするために<4>

【 4.好きなことを仕事にしよう!】

 ある分野において社内外からたいへん高い評価を得ており、当人もその分野で一生やっていこうとしていた友人がいました。ところが彼は、会社から本社スタッフへの異動を言い渡され、30秒ほど考えてきっぱりと「辞めます」と意思表示をしたのです。実は会社は、彼の仕事振りを高く評価しており、その異動はいわゆる栄転だったのですが……。
 会社の論理で考えると、せっかくエリートコースに乗せてやったのに、それを無視するなんというバカなヤツだということになります。ところが、当人から見ると、その異動は、自分が極めたい領域からはずされる意味のない異動になってしまいます。
 皆さんはどちらの見方を取られますか?
 そもそも、自分が何をするかということを自分で決められない、事前に相談もされずに勝手に決められる「社員」というシステムは、私にとっては不可解なものでした。確かにそう簡単にはクビにはならないけれども、給与も休みも仕事もすべて会社の就業規則にのっとった形で、極力個別性は排除されてしまうわけです。そのために大幅なコミュニケーションコストの削減はできるかもしれませんが、その反面、主体性のない指示待ち族を多くつくり出してきたのです。
 そういった「社員」が、自分のやりたい仕事を目指して、自己主張できる場を得る、その一つの方法が転職です。新卒の場合と違い、多くの場合、職種限定採用ですから、100%希望が通るかどうかはともかくとしても、かなりの高い確率で自分のつきたい仕事につくことができます。自分のやりたい仕事があるのに、異動させてもらえないような場合には、転職という手段を通じて積極的にチャレンジをしてみるべきではないかと思います。

 実は私もそうでした。入社して2年目くらいに、「採用」の仕事をしていたのですが、嫌いで嫌いで仕方がありませんでした。リクルートに入ったのは、商品や事業の企画をしたいからにもかかわらず、来る日も来る日も学生の相手をしていたのでは、何のためにこの会社に入ったのかわからないという強い思いがあったのです。
 そこでとうとう、転職先まで決めて直談判したところ、ようやく異動が認められたのです。おかげで、その後の私のビジネスマン人生はたいへん幸せなものになりました。今思い出しても、思い切って動いて良かったと思います。
 皆さんも、自分のやりたい仕事が見つかったら、ぜひその仕事を獲得すべく動いてみてください。それは場合によっては異動であり、場合によっては転職ということになるかもしれません。
 いずれにせよ、そういったことで好きな仕事ができるようになれば人生が幸せなものになります。どうせ一回の人生なんだから、好きなことを仕事にしましょう!これが私から皆さんに贈る最後のメッセージです。

12月 15, 2010 at 11:13 午後 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90318/46492310

この記事へのトラックバック一覧です: 「好きなこと」を仕事にするために<4>:

コメント

コメントを書く